05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぷりんパパママ

Author:ぷりんパパママ
あすと長町ニュータウン奮闘日記へようこそ!

最新記事

仮設住宅奮闘日記アルバム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あすと長町仮設住宅の表情(5月27日現在)

2015.05.28 05:05|未分類
あすと地区の3箇所の復興公営住宅が完成し、4月に引渡しが始まりました。
4月中旬からほぼ毎日誰かが引越しをしている状態です。

5月27日現在では約70世帯が残っているのみとなりました。

仮設住宅も寂しくなりました。

仮設住宅自治会を解散しました。

2015.03.12 08:40|未分類
東日本大震災から4年、自治会設立から3年を迎えた3月11日に仮設住宅の自治会を
満場一致で解散いたしました。
解散へ至った経緯は4月から約100世帯が仙台市の整備する復興住宅への入居が決定
したこと、残りの45世帯が集団移転地の土地譲渡が年度内に決まり、住宅の再建の
めどが立ち、現時点での大半の終の住処が決まり自治組織を保てなくなる前にきちんと
手続きを踏んで解散することとしました。

あすと長町仮設住宅を支援していただいた方々にお礼を申し上げ、皆様の支援が無かったら
これまでの仮設住宅生活が成り立たなかったと思います。

お世話になった方々に深く御礼申し上げます。今後はあすと長町地区内の3カ所の復興住宅へ
約80世帯が希望通り住むことができることになりました。

これで私たちの復興は終わったわけではなく、ようやく復興のスタートラインに立ち本当の
「人の復興・こころの復興」に向けてみんなで手と手を取り合って新しいコミュニティの
再構築に取り組んで参ります。

ご支援をいただいた皆様、気に留めていてくださった方々に御礼申し上げます。

                                 自治会長 飯塚正広

jichikai.jpg

yomiuri.jpg
自治会設立時の紹介記事です。

仮設住宅の新年会

2015.01.10 22:20|未分類
仮設住宅の住民さんたちと新年会を開催しました。

ゲストの歌あり、飛び込みのマジシャンあり、ウルトラクイズ、カラオケ大会、
最後にビンゴゲームで盛り上がりました。

皆さん、楽しんでいただけた様です。

DSC08096.jpg
お昼のお弁当を食べながらの宴会です。

DSC08101.jpg
熱唱する仙台の歌姫山田祥子さん、歌が上手です。今度メジャーデビューするそうです。

DSC08104.jpg
マジシャン、ササユーさんの素晴らしいテクニック

DSC08106.jpg
熱唱する住民さん

DSC08114.jpg
靜音ちかさんとデュエットする住民さん


皆さんに喜んでいただいて良かった。あっという間の3時間です。

元旦恒例「仮設のラジオ体操!!」

2015.01.01 08:02|未分類
仮設恒例の元旦ラジオ体操

10名ほどの方が集まりました。「今年も健康で頑張りましょう、仮設を卒業できるように
祈りましょう」とみんなで体操をしました。

DSC08094.jpg

DSC08095.jpg

仙台市は復興公営住宅の数が足りません。

2014.12.26 20:17|未分類
25日このブログにこのようなコメントが寄せられました。仙台市では今月初めに
一般抽選が終わったのですが、1188世帯の方々が落選し、希望した終の住処に
入ることができない状態で、4回目の不安な年越しをしないといけません。
あすと仮設でも何世帯かが不安な年越しとなりました。


====寄せられたコメントの原文=====
突然のコメント失礼します。
私は先日の抽選会に落ちました。
2回目抽選会の応募用紙が届きましたが、あまりに偏った空き具合で困惑しています。
仙台市街地など便利なところはほぼ空いていません。
どこに住めばいいのか、仕事はどうすればいいのかなど希望の持てない日々を家族で過ごしています。
もうどうすればいいのかわかりません。
復興公営住宅は増えないのでしょうか。。。
落選者はへんぴな場所で我慢しろ、としか感じられません。

================================
コメントを寄せてくれた人の想いはもっともです。希望を捨てて欲しくない。
何とかしないといけないと思いました。

私は早速、要望と質問書を奥山仙台市長に届けてきました。

141226_100413.jpg

残念ながら奥山市長に直接手渡すことはできませんでしたが、仙台市の当局や市長が
言っている「最後の一人まで丁寧に復興ができるまで努力する」を現実のものとして
欲しいと伝えてもらうことをお願いしてきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。