04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ぷりんパパママ

Author:ぷりんパパママ
あすと長町ニュータウン奮闘日記へようこそ!

最新記事

仮設住宅奮闘日記アルバム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はヘルパーさんからSOS!結局救急搬送される

2014.02.16 13:00|未分類
家の前と駐車場の雪かきが終わって、コタツでウトウト(・_・;)

玄関チャイムが鳴って、出てみると知らない女性が立っている。「介助先の利用者さんが
倒れているので、手伝ってほしい」との依頼。部屋番号を聞いてみると例のお騒がせさん
のようだ。声をかける、意識はあるが何を話しているか分からない、しどろもどろ・・・・

私の判断で救急車を要請する。ほどなく救急車が到着すると隊員から「今度はどうしたん
ですか?」と言われたので、何度も救急車を呼んだ話や警察までお世話になったことを伝えて
行政から自治会に個人情報を伝えられていないことを話して、近親者の連絡先なども不明で
どうしようもない状態であることを告げた。

ヘルパーさんの話だと1週間ぐらい前から「ろれつ」が回らなくなっていたことが判明、
なおさら搬送して、しかるべき検査や処置をしてもらう様にお願いし、ようやく救急隊の
方にも納得してもらって搬送する準備を始めた。

確かに昨日怒鳴られた時にもはっきりした口調ではなかった気がする。

名取の精神医療センターと大学病院に通院歴があることが判明したが、受け入れを拒否された。
結局1時間もかかって徳洲会病院に搬送することが決まり救急車が走って行った。

私も反省することは大いにある。あの時にきっちり判断できていればもっと早く処置ができた
かもしれない。行政の縦割りや事なかれ主義が対応に遅れが生じている事など・・・

もちろん、本人も周りの方にコミュニケーションをとっていればこんな事にはならなかったはず。


何か釈然としない、疲れた。虚脱感でやばい


コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。