11 | 2014/12 | 01
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ぷりんパパママ

Author:ぷりんパパママ
あすと長町ニュータウン奮闘日記へようこそ!

最新記事

仮設住宅奮闘日記アルバム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台市の復興公営住宅が足りない!!

2014.12.08 22:57|未分類
仙台市の復興公営住宅が足らないことが12月3日の記者発表で明らかになりました。

仙台市によると復興公営住宅の一般抽選の応募結果を公表36団地1471世帯に対して
2277世帯からの募集があったことを明らかにしました。

「住宅数は3200戸で十分対応できる」と言っていたが、やはり予想以上の応募があり、
被災者の『終の住処』であるはずべきの復興公営住宅が不足し、結果仙台市の復興は5年で
終了することは不可能となりました。

koueisokuhou.jpg
募集住宅数1471戸に対して2277戸からの応募があり、800戸
以上の住宅が不足していることが判明したが、仙台市は「2会目・3回目の
抽選結果を見て今後の対応を検討したい」とコメントをしている。

koueisokuhou_0001.jpg
問題はそれだけではない。応募住宅の偏りが問題!
1471世帯の抽選にもれた人は希望の住宅の変更を余儀なくされ
茂庭第2などの不人気(交通の利便性が悪い住宅)へ押し込まれる
可能性があり、「被災者はへんぴな場所でも我慢しろ!」的な対応が
目に見える。

「被災者本位の復興と被災者の一人まで丁寧な対応をする」と議会で
答弁していた市当局の対応が注目される。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。